他社製品との違い

CNCフライスを購入するにあたって、最も気になるのは「価格」「パフォーマンス」ではないでしょうか。
このページでは「プリント基板の試作品づくり」にフォーカスを当てて、比較検討しています。

「プリント基板の試作品づくりをするうえで、最もコストパフォーマンスの高い方法はどれなのか知りたい」という方は、是非参考になさってください。

「プリント基板の試作」に特化した場合の製品比較

※横にスクロールするとご覧いただけます

ラピンク A社 B社 C社
総合評価
最安モデルの価格 60,000円(税抜) 800,000円(税抜) 940,000円(税抜) 140,000円(税抜)
制御パソコン ×(別途購入) ×(別途購入) ×(別途購入)
液晶モニター ×(別途購入) ×(別途購入) ×(別途購入)
扱いやすさ
初心者オススメ度 ×
汎用性
用途 プリント基板・木材・樹脂 プリント基板 プリント基板 プリント基板・木材・樹脂・アルミ
サポート
総評 用途はプリント基板の試作品づくりに最適化されていてユーザビリティが高い。
加えて、価格、サポートなどを総合評価した場合、最もパフォーマンスに優れている。
プリント基板試作機の専門メーカーによる高級なマシンで、出力品の質も安定、安心して使用できるが導入コスト、維持コストともに非常に高価。 プリント基板試作機の専門メーカーによる高級なマシンで、出力品の質も安定、安心して使用できるが導入コスト、維持コストともに非常に高価。 個人利用を想定している製品なため、組立てはユーザーで行い、使用方法も自己責任となる。
導入実績が多く、情報を共有しやすいが、加工機としてはやや割高である。

「プリント基板の試作」に特化して比較した場合、「ラピンクのCNCフライス」が最も
コストパフォーマンス高く制作することが可能です。

商品サイトをくわしくみる

他のプリント基板の試作方法との比較

※横にスクロールするとご覧いただけます

ラピンク エッチング ユニバーサル基板 アウトソーシング
総合評価
導入コスト
精密さ
制作スピード ◎(60分) △(1日) ○(2時間) ×(1週間~)
作りやすさ × ×
初心者オススメ度 ×
複雑な回路への応用性 ×
サポート × ×
総評 エッチングやユニバーサル基板など従来の方法に比べて、精密さ・制作スピードの点で優れている。
また自作なので、事業者へのアウトソーシング費用が掛からない点も魅力。
化学薬品を用いてプリント基板を作るため、銅の溶け込んだ廃液の処理や、多数の器具と工程が必要になります。
また無数にある穴を手動で開けなければなりません。
はじめから等間隔で穴が空いているユニバーサル基板に、電子部品を配置して電線します。
簡単なものなら素早くできますが、複雑な回路を作ることは極めて難しくなります。
専門の業者に設計データを渡して、プリント基板を製作してもらいます。
完成まで時間がかかるのと、同時に何十枚も発注しないと高コストとなります。

「プリント基板の試作」に特化して比較した場合、「ラピンクのCNCフライス」が最も
精密・ハイクオリティ・安定性高く制作することが可能です。

商品サイトをくわしくみる

手軽にプリント基板を自作しよう

ホビーからプロフェッショナルまで
全てのクリエイターの好奇心を私たちは応援します。

あなたが時間を忘れて夢中になっていることは何ですか?
小さな子どもの頃も、大人になった今もー
いつでも、あなたの心を強く突き動かすのは「ものづくり」ではなないでしょうか。
ラピンクは、何歳になっても、ものづくりの楽しさを追い求め続けるクリエイターの強い味方です。
プリント基板の試作品を作りたいならば、ラピンクのCNCフライスを導入してみてください。
自宅でいつでも手軽に、ハイ・クオリティなプリント基板の試作品がつくれます。